月刊建築技術

  • 239件の商品がございます。
  • 1 | 2 | 3 | 4 次へ>>
月刊建築技術 2016年6月号
  • NEW

月刊建築技術 2016年6月号

構造デザインと数値解析ツール
監修:竹内徹(東京工業大学教授)
【目次】  1.デジタル時代の建築設計手法と現状
      2.数値解析ツールの特徴
      3.実挙動のモデル化と解析手法
      4.手計算による数値解析結果の確認 ほか

【architectural design】
昭和こども園/三角東港キャノピー

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2016年5月号
  • オススメ

月刊建築技術 2016年5月号

特集:制振構造の設計ノウハウを学ぶ
監修:北村春幸(東京理科大学工学部教授)
本特集では、制振の基本知識から、実務における制振構造設計でのポイント、制振技術を適用した最新事例、中規模木造建物に使用する制振部材、制振装置のモニタリングや疲労損傷の評価などを解説する。

architectural design:太子の環 太子町新庁舎│坂本昭・設計工房CASA

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
住宅環境セミナーのご案内 「省エネ性能による工務店の差別化戦略マスター講座」 (CPD4単位予定)
  • NEW
  • オススメ
  • 問い合わせ商品

住宅環境セミナーのご案内 「省エネ性能による工務店の差別化戦略マスター講座」 (CPD4単位予定)

このたび建築技術では5月10日に建築会館ホールにて、「省エネ性能による工務店の差別化戦略マスター講座」と題した住宅環境セミナーを開催いたします。「一歩進んだ省エネ性能住宅」を目指すために。ぜひご参加ください。

価格(税込) 1,000 円 詳しくはこちら

月刊建築技術 2016年4月号
  • オススメ

月刊建築技術 2016年4月号

特集:鉄筋工事のミスをなくす技術┼配筋を納めるための肝所
監修:大塚秀三+中田善久

本特集では、仕様書に準拠した鉄筋工事の基本に加え、図面上の納まりと施工現場での実際の納まりのズレに対する技術的な現場対処法、仕様書にない事柄に対する施工側の技術的対処法を解説する。

architectural design:敦賀駅交流施設 オルパーク&敦賀駅前広場 キャノピー

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2016年3月号
  • オススメ

月刊建築技術 2016年3月号

特集:スラスラできる中大規模木造建築物の構造設計
監修:大橋好光
材料や構造架構をどのように考えて中大規模木造建築物を設計や構造設計したらよいか、燃えしろ設計などの対応ができる防耐火設計の留意点を解説。

architectural design:TOYAMAキラリ(RIA・隈研吾・三四五設計共同体)

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2016年2月号
  • オススメ

月刊建築技術 2016年2月号

特集:特建築環境の音トラブルに対処する設計法
監修:井上勝夫
本特集は集合住宅を中心に、音に関する最新の法規制、音に関するトラブル、訴訟事件を取り上げ、実務に則した効果的なトラブル解決方法を紹介する。
音トラブルの悩みは本特集でスッキリ。

architectural design:みんなの森 ぎふメディアコスモス(伊東豊雄建築設計事務所)

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2016年1月号
  • オススメ

月刊建築技術 2016年1月号

★Amazonランキング第1位★
特集:断熱と省エネを分けて整理整頓
監修:南 雄三
この特集では、断熱と省エネを分けて考え、整理整頓する。さらに、求める断熱レベル、国交省の省エネ施策、経産省の省エネ施策を紹介し、省エネトレンド、既存の断熱・省エネ改修も紹介している。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年12月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年12月号

特集:改正建基法と技術基準解説書改訂による構造設計のポイント
監修:金箱温春

改正建築基準法が2015年6月1日に施行され、技術基準解説書が6月に改訂されました。実務者たちにとってはそれらの改正・改訂から日が浅いため、実感として薄いのが現状。
今回の特集では、前述の改正点・改訂点を実務者に周知するために、「改正建築基準法と構造設計」&「技術基準解説書の重要なポイント」の2本立てで構成。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年11月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年11月号

特集:うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴
監修:宮里直也

合理化設計・経済設計と言われ、その先にあるコストパフォーマンスが優先される流れの中で、鉄骨構造の設計実務においては、設計・監理の際に知っておくべき基本を見落としがちである。
構造設計者を対象に、鉄骨構造の設計や監理の基本的留意事項、各部の設計および検査時のポイント、特殊な事例に見る上手な納め方や材料の適用などを解説する。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年10月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年10月号

特集:困ったときに役立つ耐震改修の課題の解決法
監修:勅使川原正臣

最近の耐震改修では、耐震安全性の確保以外の要求事項が変わりつつある。集合住宅や事務所ビルでは美観や使い勝手が、宿泊施設や病院などは営業を継続しながらの耐震改修が必要。クライアントが耐震改修を実行する判断基準、耐震改修事例、耐震改修のQ&A、悩ましい問題が多いS構造物の耐震改修の具体的な対処法を解説。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年9月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年9月号

特集:「危うそうな構造」の構造勘を探る
監修:腰原幹雄

感覚的に「危うそう」あるいは一見「不安定」に見える建築物を取り上げ、どのように構造的に成立しているのかを構造力学に基づいて解説し、構造計算ソフトに頼りすぎない、構造設計者が有する独自の構造勘についてもひもとく。構造の原理、考え方、楽しい構造に重点をおき、仕組を理解することで実現可能な構造計画を紹介。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年8月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年8月号

特集:安全・安心を考慮した杭の設計・施工
監修:二木幹夫(一般財団法人ベターリビング常務理事)

建築物の基礎構造である杭の役割は、建物の荷重を安全に地面に伝えることである。この特集では、杭の耐震性の考え方、上部構造から見た杭基礎への要求内容、設計における杭種の選択目安、施工段階での管理のポイント、設計及び施工時のにおける問題点と対処法、液状化や狭隘地での設計・施工などを解説する。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年7月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年7月号

特集:改正省エネルギー基準の建築環境設計への活用
監修:澤地 孝男

改正省エネルギー基準の建築環境設計への活用方法を解説、省エネルギー基準の動向、改正省エネルギーによる評価結果と実測結果の比較、さらにオフィス、商業施設、学校で実施した省エネ手法などを提示する。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年6月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年6月号

特集:天井設計の新しいチャレンジ
監修:清家 剛

特定天井に対する脱落対策基準が施行されて1年が経過し、改修事例や新築事例がやっと出そろってきた。特集では、特定天井と特定天井以外の天井を事例として取り上げ、各社が意欲的に挑戦した天井計画ならびに天井設計を紹介する。同時に、天井関連の告示・指針等の解説も情報提供する。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年5月号
  • オススメ

月刊建築技術 2015年5月号

特集:中大規模木造建築物を建てるための木質系材料Q&A・決定版
監修:大橋好光

中大規模木造建築物が注目され、新しく参入した技術者は「木材」に関する疑問・課題にぶつかり頭を悩ませている。特集では、設計に必要な「木質系材料」に関する事項を五つのカテゴリーに分け、わかりやすく解説する。「基本知識」と「木材系材料のここが知りたいQ&A」の2本立てで解説する。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ