施工

  • 51件の商品がございます。
  • 1 | 2 | 3 | 4 次へ>>
月刊建築技術 2014年3月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年3月号 CPD2単位

【特集】RC工事の「検査力」養成講座
監修:浦江真人+大湾朝康(協力)
問題となる箇所を予知し,施工段階で不都合を見つけ,問題点への対処までを含めた能力「検査力」。設計者,施工者の検査力が向上し,精度の高いRC建築物を構築するために役立つことを期待し編纂。

【architectural design】
東京工業大学 緑が丘6号館│奥山信一研究室+梓設計
阿佐谷の住処│奥山信一研究室

価格(税込) 1,903 円 詳しくはこちら

個数:
設計資料の可視化 構造設計に役立つ図表の見方

設計資料の可視化 構造設計に役立つ図表の見方

寺本隆幸・大越俊男 監修

本書は,コンピュータを用いた設計以前に利用されていた設計用の「図」や「表」を,設計式や設計時検討式の内容を「可視化」したものであると認識して,設計式や検討内容を目で見て理解することにより,検討内容を体系的に理解するうえで役立てる内容になっている。

価格(税込) 2,160 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年10月号 CPD2単位

【特集】困ったときに役立つ耐震補強の手引き
監修:勅使川原正臣(名古屋大学大学院教授)
耐震補強に関する行政の取組み,今後の耐震補強について解説する。また,耐震補強設計や補強工事を行う際に困る点の対処法,補強設計や施工のポイントを解説する。

【architectural design】
大西学園中学校・高等学校,宇都宮短期大学附属中学校・高等学校第3体育館│竹中工務店

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年5月号 CPD2単位

【特集】間違いやすい戸建住宅基礎設計のポイント
監修:藤井衛
住宅地盤の安全性の見極め方を解説しながら,適切な地盤調査の方法や基礎設計で考慮すべきポイントを中心に解説する。

【architectural design】
東松島市立宮野森小学校│栗原憲昭(盛総合設計),工藤和美+堀場弘
新豊洲ブリリアランニングスタジアム│E.P.A環境変換装置建築研究所一級建築士事務所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年9月号 CPD2単位

【特集】鉄筋継手の基本と実務を知る
監修:和泉信之(千葉大学大学院教授)
鉄筋継手について,継手ごとの特徴や検査方法,鉄筋継手工事標準仕様書の改訂主旨や工事の要点をまとめ,実務者が知っておくべき注意点を解説する。
【architectural design】
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス アリス・メイベル・ベーコン記念館│槇総合計画事務所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
佐久間順三流SUISUIわかる 木造住宅の耐震診断│耐震補強設計│補強工事の勘所
  • NEW

佐久間順三流SUISUIわかる 木造住宅の耐震診断│耐震補強設計│補強工事の勘所

佐久間順三 著

『木造住宅の耐震診断と耐震補強』を基本に,耐震診断と耐震補強をするための手引書です。実際に診断や補強業務をする場合に,必要な手続きの進め方,現地調査や補強工事について,筆者の微に入り細にわたるノウハウが盛り込まれています。安全な耐震補強の住宅づくりに活用していただきたい手引書。

価格(税込) 4,104 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術2017年6月号 CPD2単位

月刊建築技術2017年6月号 CPD2単位

【特集】
広がるBIMの活用法【施工編】
監修:浦江真人+曽根巨充
BIMの現時点での主に施工においてBIMを活用するための基礎知識からゼネコンや専門工事業者が具体的にBIMによりどのようなメリットを享受できるのかを解説する。
【architectural design】
KTビル/KAJIMA DESIGN
くまもと森都総合病院/松尾建設

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年3月号  CPD2単位

月刊建築技術 2017年3月号  CPD2単位

【特集】RC工事の合理化施工の心得――創ることは考えること
監修:大塚秀三+中田善久
本特集では,RC工事の合理化施工の手法を整理し,今後のさらなる施工の進化のための汎用的な手法を中心にその手掛かりを示す。

【architectural design】
五條市上野公園総合体育館(シダーアリーナ)│たかの建築事務所+計画・環境建築
代々木テラス│フジワラテッペイアーキテクツラボ

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2016年4月号

月刊建築技術 2016年4月号

特集:鉄筋工事のミスをなくす技術+配筋を納めるための肝所
監修:大塚秀三+中田善久

本特集では、仕様書に準拠した鉄筋工事の基本に加え、図面上の納まりと施工現場での実際の納まりのズレに対する技術的な現場対処法、仕様書にない事柄に対する施工側の技術的対処法を解説する。

architectural design:敦賀駅交流施設 オルパーク&敦賀駅前広場 キャノピー

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2015年10月号 CPD2単位

【特集】困ったときに役立つ耐震改修の課題の解決法
監修:勅使川原正臣(名古屋大学大学院教授)
クライアントが耐震改修を実行する判断基準,耐震改修事例,耐震改修のQ&A,鉄骨造構造物の耐震改修の対処法を解説する。

【architectural design】
安曇野市庁舎│内藤廣建築設計事務所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年4月号 CPD2単位

月刊建築技術 2015年4月号 CPD2単位

【特集】施工図を読み解く「現場力」養成講座
監修:浦江真人+大湾朝康
施工図は,設計図を施工可能な図面に置き換え建築するための「伝達手段」である。設計図書から施工図への読み解きと作成,屋根・外壁・開口部・基準階などの施工図を読み解く「現場力」を養成する。

【architectural design】
なかまちテラス 小平市立仲町公民館・仲町図書館│妹島和世建築設計事務所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
見えない建築地下防水の見える話

見えない建築地下防水の見える話

岡本 肇 田中享二 著

最近は地下利用が一般化し、地下の漏水も建物の重要な瑕疵として指弾されるようになってきている。屋上や壁からの漏水事故は今もって多いが、いわゆる紛争になるような事例、特に解決の長引く事例では、地下からの漏水が圧倒的に多くなっている。
 本書は主に建築関係者を対象に地下防水の重要性を喚起し、しっかりとした地下防水とするための技術についてまとめたものである。

価格(税込) 1,944 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2014年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年10月号 CPD2単位

【特集】リスクを考慮した建築地下工事の「現場力」養成講座
監修:浦江真人+大湾朝康
地下工事は、工事過程で見え始めてから見えなくなってしまう工事である。地下工事の出来不出来は、上部構造を施工するうえで影響度は大きい。本特集は、見えなくなる地下工事を精度よく施工するために、リスクという視点に立脚して「リスクの現象(状況)」「原因」「対策」「再発防止」の項目で解説する。

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2013年11月号

月刊建築技術 2013年11月号

【特集】構造体コンクリートのひび割れは低減できているのか
監修:中田善久
ひび割れは,鉄筋に錆が発生すれば問題となる見解と,ひび割れそのものが問題だとする見解ががある。特集ではコンクリートのひび割れについて,発注者にひび割れに関する正確な情報を提供し,設計者,施工者にひび割れを低減する対策を提供する。

【architectural design】
みのる認定こども園│時設計

価格(税込) 1,903 円 詳しくはこちら

個数:
曳家・家起こしの技術

曳家・家起こしの技術

曳家は建物を新たな場所に移し,生き返らせる当り前な技術であった。地震や風で家が傾けば,家起こしで元に戻した。しかしこの知識経験は,今では限られた人の伝承技術になってしまった。筆者は偶然のきっかけから,古い建物を再生できる技術を知り,多くの場所で応用してきた。この手法を秘伝にしてしまうのではなく,建築に関わるすべての人に知らせることは,意義あることと思い刊行した。
曳家研究会 著

価格(税込) 1,944 円 詳しくはこちら

個数:

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ