月刊建築技術

月刊建築技術 2020年12月号 CPD2単位

商品コード: 202012
【特集】構造設計に「今」求められる思考体力――ものつくりの検証
監修:腰原幹雄
前例のない架構を実現する際には,必要な条件を整理しながら検証を通して確証を得ていく姿勢が求められる。本特集では,実例を通して「今」構造設計者に求められている思考体力について考える。

Ⅰ.構造設計に「今」求められる思考体力│腰原幹雄……62
Ⅱ.自己責任による性能規定に必要な思考体力
 大工塾に見るものづくり│山辺豊彦……68
 「数学頭」「実験頭」「プログラミング頭」│佐藤 淳……72
 組積を通して考え続けてきたこと│江尻憲泰……80
Ⅲ.構造設計とものつくりに漂う検証
 レンガを座屈拘束材として用いた平鋼ブレースの圧縮実験 上州富岡駅│小西泰孝……88
 圧縮だけに効く方杖構造を考える 新島学園短期大学新木造校舎│大野博史……92
 大径製材を用いた耐力フレームの開発│山田憲明+赤阪健太郎+阪田 実……96
 地場産材を活用した組立柱の開発と設計│萩生田秀之……102
 積んでつくる,引っ張ってつくる建築│森部康司……107
 木造庁舎における合わせ柱の燃えしろ設計と載荷加熱実験 上松町新庁舎│坪井宏嗣……112
 ラチス形状の木質構造材を利用した透過性をもつ耐力壁│村田龍馬……116
 改善することを連続する楽しさ│安藤耕作……120
 定かでないものを見定める多様な視点│三原悠子+荒木美香+福島佳浩……122
 込み栓と構造用接着剤を併用した堅固な接合部│黒岩裕樹……126

【architectural design】
鳥取ユニバーサルスポーツセンター ノバリア│プライム建築都市研究所……12
壁のない開かれた木造体育施設│小谷野直幸……22
在来軸組構法とCLTによる木造体育施設の構造設計│萩生田秀之……25
運動公園内にある障がい者スポーツ拠点施設の施工計画│押方功次朗……28

【特別記事】
Phovareの開発とものつくりにおける思考力│髙柳 隆……30

【連載】
東京料金所トールゲート上屋リフレッシュ事業の記録 第16回 加速度センサによるモニタリング その2│西谷 章+大久保孝昭+江尻憲泰……32
日本の近代建築を支えた構造家たち 第6回 坂 静雄│満田衛資……36
省エネ基準・説明の義務の理解と活用 最終回 どれだけ断熱すれば│南 雄三……148
新時代を拓く最新施工技術 第134回 難易度の高い庁舎建設における省人化施工│山口達也……44
建築関連最新判例の解説 第84回 建設DXを建築現場で活用するにあたっての建設業法,建築士法上の課題│秋野卓生……132
建築 一期一会 第17回 建築耐用計画と家屋評価│小松幸夫……136
施工者に幸あれ 第108回 CLTパネル工法を構築 三宅辰哉│朝倉幸子……146
一言居士 耐震改修工事とあと施工アンカー│冨田知己……131
ザ・ブックス エコハウスのウソ2│前 真之 著,南 雄三 評……134

【TECHNICAL View】
日本橋の国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル……52
RC造建物柱梁の耐震性能を向上させる梁工法……53
コンクリート構造物の打継面評価システム……55
スーパー台風も想定できる数値風洞シミュレーション……57
津波浸水解析結果の可視化技術……58
感染症対応病棟新型コロナウイルス追加……59

【MACRO & MICRO】
Column 白と黒・光と影│大野 繁……142

【BRI news & topics】
国土技術政策総合研究所(都市分野)の令和2年度からの研究方針……150

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……154
販売価格(税込) 1,935 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

設計

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2019年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2019年9月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】架構と加工の関係から新たな組立工法の可能性を探る
監修:腰原幹雄
構造設計にとって欠かせない,部材製作の制約条件や材料別の架構システムと加工システムを解説し,事例を紹介する。また,先端技術を活用した新たな加工技術も解説する。
【architectural design】
屋久島町庁舎│アルセッド建築研究所

月刊建築技術 2018年12月号 CPD2単位

月刊建築技術 2018年12月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】現場で知識を融合してつくり込む構造設計
監修:腰原幹雄
構造設計者が現場で得た施工者・製造者の知恵を構造設計に落とし込み,建物をつくり込んでいく方法を考察する。
【architectural design】
OVOL日本橋ビル│竹中工務店

月刊建築技術 2017年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年11月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】木造とRC造・S造の違いと混構造の可能性を探る
監修:腰原幹雄
構造設計者にRC造,S造と木造を比較しながら,木造独特の問題点を意識したうえで,木材を用いた混構造建築の実現を目指してもらうことを意識した特集としている。
【architectural design】
ISUZU PLAZA・PLAZA annex│坂倉建築研究所

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】新たな「常識」を生み出す構造観
監修:腰原幹雄
構造設計者は設計のみならず,工法や施工,材料の知識をもつことで,これまでの「常識」を超える新たな技術へのチャレンジもできるようになる。本特集では,構造設計のひらめきや発想で次なる「常識」がどのように生まれるか,常識の視点を変えて考える
【architectural design】
東北学院大学ホーイ記念館│三菱地所設計

世界の構造デザインガイドブックI

世界の構造デザインガイドブックI

価格(税込) 2,750 円

一般社団法人日本建築学会 編
今川憲英・小澤雄樹・金箱温春・川口健一・川口衞・河端昌也・喜多村淳・斎藤公男・佐々木睦朗・竹内徹・諸岡繁洋・武藤厚・飯田喜四郎 著

ヨーロッパ,北・中南米,オセアニアの112の建築と25の橋梁を取り上げている。コラムでは,構造家や構造システムを解説。掲載作品はマップ上にプロットされている。海外旅行の,もう1冊のガイドブックとしても最適な一冊。

[広さ][長さ][高さ]の構造デザイン

[広さ][長さ][高さ]の構造デザイン

価格(税込) 3,300 円

坪井善勝・小堀徹・大泉楯・原田公明・鳴海祐幸 編著

「技術の源流や本質を問い直す」ことを視座に据えて,これから構造技術を学ぶ学生の入門書として,あるいは若年社会人の再教育書として企画されている。「構造技術に対する視野を広げる」目的から,「建築と土木の専門領域の境界を取り払う」「西欧文明に視座をおいた構造システムの歴史を捉え直す」などの視点に配慮して編集している。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ