月刊建築技術

月刊建築技術 2018年12月号 CPD2単位

  • NEW
商品コード: 201812
【特集】現場で知識を融合してつくり込む構造設計
監修:腰原幹雄
耐震偽装問題,確認申請の厳格化,工期短縮などから,現場での改良および改善がしにくくなった現在,構造設計段階で対象建築物にふさわしい施工法,製造法の情報を入手して構造設計をつくり込むためには,どうしたらよいだろうか。この特集では,構造設計者が現場で得た施工者・製造者の知恵を構造設計に落とし込み,建物をつくり込んでいく方法を考察する。

Ⅰ.現場で知識を融合してつくり込む構造設計│腰原幹雄……70
Ⅱ.生産体制と建築技術の変化
構造設計者からみる生産体制と建築技術の変化│金箱温春……75
日本の近代建築構法史に見る建築的知性のありか│門脇耕三……80
設計と施工の協調的関係に関する一考察│浦江真人+平野吉信……86
Ⅲ.現場から学ぶ構造設計のポイント
単純な構造計画≠単純な施工│小西泰孝……92
鉄板による工作物,製作上の問題点をフィードバック│大野博史……95
長府製作所記念館「蛍遊苑」における木工事専門業者との協働│山田憲明……98
崖際に建つ木造組積ラーメン構造│江尻憲泰……101
施工者とつくり上げる鉄骨と木仕上げによる曲面構造│江村哲哉……104
あるべき姿を提示することで相手は動く│満田衛資……107
太平洋を渡れるツワモノたち│佐藤 淳……110
新築・改修・復旧現場から得られた設計の気づき│黒岩裕樹……116
現場と如何に円滑にコミュニケーションをとるか│久田基治……119
PCa・PC―架設・組立方│萩生田秀之……122
Ⅳ.施工者から学ぶ構造設計のポイント
施工性を理解した設計│淵本正樹……126
鉄骨継手位置と部材寸法│藤原 智……128
コンクリートの打継ぎ位置│端 直人……130
支持層深度が想定と異なり既製杭の深度が上下した場合の対処法│佐原 守……132
PCa化│林 和也……134
住宅生産インフラの活用│實成康治……136
斜め柱の接合法│淵本正樹……138
曲面形状│田中吉史……140
Ⅴ.製造者から学ぶ構造設計のポイント
木造金物│大倉憲峰……142
PCa―部材断面の共通化と単純化│春山信人……144
膜構造の構造設計―専門メーカーとの協業(コラボレーション)│喜多村 淳……146
ファサードを具現化するための構造検討のポイント│辰巳正樹……148
押出成形セメント板「ノザワアスロック」の高層建築物への対応│髙木健治……150

【architectural design】
OVOL日本橋ビル│竹中工務店……20
街並みを形成する要素を抽出し,編集し,建築を組み上げる│金井謙介+竹尾 昌……28
外装計画│竹尾 昌……38
耐震性能の向上と製作施工の合理化を追求した構造計画│山本耕司……40
先進的スマートシティに対応した設備計画│塩澤拓馬……44
光拡散パネルの環境パラメトリックデザイン│牧野幸太郎+竹尾 昌……46
生産性向上を目的としたBIMの活用│赤田岳彦+吉田健吾……47
都心部で安全を最優先し施工効率を高めた計画│赤田岳彦……48

【特別記事】
構造デザインMAP 2017│空間構造デザイン研究室……50
渋谷スタジオの音響設計│薮下 満……56

【連載】
新時代を拓く最新施工技術  第110回 高層建物の外周部鉄骨建方先行による敷地有効利用│岩佐健司+藤本 豪+吉田 真……152
鉄骨置屋根構造体育館の耐震診断法と避難所としての適応性―2016年熊本地震 最終回 鉄骨屋根体育館の将来展望│船木尚己+藤田智己+小野瀬順一+田中礼治……180
建築関連最新判例の解説 第60回 法令には違反しないが,契約には適合しない製品についてのリコール対応│秋野卓生……164
建築古今東西 第17回 省エネ改修の現実│正岡智子……168
施工者に幸あれ 第84回 ロマンのかけ橋・土木と建築をつなぐ 渡邉竜一│朝倉幸子……178
一言居士 非住宅建築物の省エネ特集を監修して│澤地孝男……163
ザ・ブックス 人と自然をつなぐ建築・都市 竹中工務店の環境建築│㈱竹中工務店 著,谷口景一郎 評……166

【TECHNICAL View】
住空間プレゼンテーションCAD「Walk in home」リニューアル……60
中大規模建築に活用するCLT+鉄骨ハイブリッド構造……61
大断面木質ラーメン構造が可能な「ホームコネクター工法」……63
高機能繊維補強木材を使用した世界初の建築物……65
軟弱地盤での省人化・短工期化を実現する基礎工事「W埋込工法」……66
ストレート掘削系高支持力工法『MAGNUM工法』……67

【MACRO & MICRO】
Column 女性ネットワークの会のさらなるチャレンジ│熊野康子……174
Column 超線形設計プロセスによる建築とは│石井英樹……175

【BRI news & topics】
国土技術政策総合研究所における最近の話題……160

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……184
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

施工

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2017年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年11月号 CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】木造とRC造・S造の違いと混構造の可能性を探る
監修:腰原幹雄
構造設計者にRC造,S造と木造を比較しながら,木造独特の問題点を意識したうえで,木材を用いた混構造建築の実現を目指してもらうことを意識した特集としている。

【architectural design】
ISUZU PLAZA・PLAZA annex│坂倉建築研究所

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】新たな「常識」を生み出す構造観
監修:腰原幹雄
構造設計者は設計のみならず,工法や施工,材料の知識をもつことで,これまでの「常識」を超える新たな技術へのチャレンジもできるようになる。本特集では,構造設計のひらめきや発想で次なる「常識」がどのように生まれるか,常識の視点を変えて考える

【architectural design】
東北学院大学ホーイ記念館│三菱地所設計

月刊建築技術 2015年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2015年9月号 CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】「危うそうな構造」の構造勘を探る
監修:腰原幹雄
感覚的に「危うそう」あるいは一見「不安定」に見える建築物を取り上げ,どのように構造的に成立しているのかを構造力学に基づいて解説し,構造計算ソフトに頼りすぎない,構造設計者が有する独自の構造勘についてもひもとく。

【architectural design】
七ヶ浜町立七ヶ浜中学校│乾久美子建築設計事務所

月刊建築技術 2014年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年9月号 CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】機能とかたち─製作限界から生まれるディテール
監修:腰原幹雄
製造や施工においてつくられるディテールを,製造・施工での限界という視点で材料・部位ごとに解説。材料の特性を考えて使うか,材料ごとの得意な架構は何か,限界を知ることでその先を考える。

【architectural design】
みどり認定こども園│時設計

月刊建築技術 2013年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2013年10月号 CPD2単位

価格(税込) 1,903 円

【特集】機能とかたち─動くディテール
監修:腰原幹雄
ディテールを設計することは,ディテールを構成する部材・部品の役割(=機能)やかたちの意味など原理原則について知り,工夫することである。個々のディテールを解説することにより,より深くディテールを理解する一助となるよう構成する。

【architectural design】
松の木のあるギャラリー│坂牛卓+O.F.D.A.

構造計画の原理と実践

構造計画の原理と実践

価格(税込) 3,024 円

金箱温春 著

第一線で活躍中の構造設計者・金箱温春が構造学専攻の学生と若手構造設計者を対象に,氏が設計した作品を題材に「構造計画の手法」を力学の原理から構造の基本計画,構造の実施設計,ディテールまでわかりやすく解説する。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ