月刊建築技術

月刊建築技術 2014年5月号 CPD2単位

商品コード: 201405
特集:中大規模木造建築物の建築設計を実務から学ぶ
監修:大橋好光
普段S造やRC造の設計に携わる実務者に向け、中大規模木造の設計において実務に役立つ具体的な手法を解説する。
基本モデルとして、木造4階建、一方向ラーメン、延床面積約1,000㎡弱のオフィスを想定し、構造設計、防耐火設計、防音設計、環境・設備設計、施工の手順で、各設計段階で実務設計に必要な事項を整理・解説する。
また、基本モデルの設計の考え方に加えて、それ以外のバリエーションも解説することで、実務設計に応用の利く、推考する力を身につけさせることを意図する。

Ⅰ.中大規模木造建築物の構造設計
 中大規模木造をめぐる最近の動き│大橋好光
 木造設計とS造やRC造構造設計法との相違│木林長仁
Ⅱ.座談会 中大規模木造建築物の建築設計で知るべきこと
 │大橋好光+中島正夫+西沢大良+小西泰孝
Ⅲ.建築設計
 基本モデルプランの解説│山田憲明
 形態と木組みの考え方│山田憲明
 建築設計と材料の選択│塩崎征男
Ⅳ.構造設計
 架構設計│江尻憲泰+高尾秀幸
 D値法による応力計算│江尻憲泰+田村純太朗
 柱梁接合部│川原重明
 柱脚接合部│萩生田秀之
 基礎設計│本岡淳一
 高強度の耐力壁│五十田 博+青木謙治
 水平構面(振動抑制)│朝川 剛+角野大介
Ⅴ.耐久設計と維持管理計画│石山央樹
Ⅵ.防耐火設計│土屋伸一
Ⅶ.音(対策)設計(遮音)
 中大規模木造建築物の床衝撃音対策について│守時秀明
Ⅷ.環境設計(設備設計も含む)│村田博道+吉田 崇
Ⅸ.施工│塩崎征男

【特別記事】
中層大規模建築で6m超の空間を実現する梁部材│成田敏基
中規模木造対応の既製品接合金物の可能性│實成康治

【architectural design】
和水町立三加和小中学校│野沢正光建築工房+一宇一級建築士事務所+UL設計室+東大森裕子時空間設計室
 この国ならではの木造学校建築│野沢正光
 木造校舎計画│東大森裕子
 木造体育館計画─スギのデザイン│柴田真秀
 既存RC校舎改修計画│中村享一
 構造計画│山辺豊彦+塩谷康一
 接合部の実験│北原昭男
 温熱環境計画│利光 収
 木造校舎の施工計画│井芹智徳
 体育館の施工計画│渕上 守+森 裕次

【連載】
岡部㈱新社屋の建設 第2回◉アトリウムの計画│松下 督+山近健司+中西規夫+田口朝康
建築家の流儀 第17回◉譲れない一線を守りつつ妥協も│森 暢郎
新時代を拓く最新施工技術 第55回◉設計-生産設計-工場製作-現場施工を通したBIM活用による曲面形状屋根の実践│林 瑞樹
建築関連最新判例の解説 第5回◉全国的な職人不足による工期遅延は「施工会社の責めに帰すべき事由あり」といえるのか?新潟地裁長岡支部平成12年3月30日判決の解説│秋野卓生
建築の夢,そして未来 第10回◉建築に夢を抱き,シニア20年を│安部重孝
施工者に幸あれ 第29回◉「乙女の祈り」とともに│朝倉幸子
一言居士◉災害に学ぶ遅滞なき防災対策の推進を考える│廣澤雅也
読者コーナーQ&A◉大梁に増打ち補強を行う場合の鉄筋の定着長さの取り方│益尾 潔
ザ・ブックス◉建築家 大髙正人の仕事│蓑原 敬+松隈 洋+中島直人 著,八束はじめ 評

【TECHNICAL View】
振り子の原理と鉄の技術を利用した新しい免震装置が国土交通大臣認定を取得
「UBCR365」の通しダイアフラムにSN490Cを適用可能に
配管設備変更の利便性を向上させる架構システム
改良型の「柱RC梁S構法」を物流施設に初適用
可搬式悪臭抑制装置の開発と現場での悪臭抑制対策
中低層建物向け耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース」共同開発
実現場におけるCIMモデル構築の取組み

【MACRO & MICRO】
Column
 災害に対する建築界の現状認識と活動 日本建築学会/東日本大震災3周年シンポジウム│岡部則之
 鉄筋コンクリート造建築物の各種不具合事例と予防保全のためのシンポジウム│今本啓一
BRI news & topics
 平成25年度に建築研究所で公表した研究成果資料概要

【表紙】
和水町立三加和小中学校
設計:野沢正光建築工房+
一宇一級建築士事務所+UL設計室+
東大森裕子時空間設計室
撮影:大野繁
デザイン:箕浦卓(M's SPACE)


通巻 772号
発売日 2014年4月17日
判型・頁 B5判・210頁
雑誌 03325-05
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

木造

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ