月刊建築技術

月刊建築技術 2012年6月号

商品コード: 201206
特集 非構造部材の耐震性を設計・施工する
監修 清家剛

●東日本大震災では,外装材や天井材などの非構造部材の被害が甚大であった。
その耐震設計においては,さまざまな非構造部材すべてに適切な情報が整備され,実施されているわけではない。
このような状況を改善するためには,設計の際に必要な知識を改めて見直し,意匠・構造・施工で行うべき事項を再整理する必要がある。
今回の特集では,現状の非構造部材の耐震設計の考え方を示し,新たな取組みを紹介しながら,本来どうあるべきかという今後の方向について考えていきたい。

【目次】
Ⅰ.非構造部材に求められる耐震性
  …清家剛

Ⅱ.構造設計者と非構造部材の耐震性
  …常木康弘

Ⅲ.外装技術者が考える非構造部材の耐震性
  …横田暉生

Ⅳ.非構造部材に共通する検討点
  ・非構造部材の目標性能と耐震安全性の検討手順
   …名取発
  ・非構造部材の力学的特性
   …名取発+熊谷亮平+江口享

Ⅴ.天井の耐震対策
  -平成23年度建築基準整備促進事業における検討について
  …脇山善夫+石原直+元結正次郎・清家剛

Ⅵ.非構造部材の設計・施工時の基本事項
  ・RC造非構造壁
   …太田俊也
  ・カーテンウォール
   …安江広
  ・エキスパンションジョイント
   …北村佳久+可児長英
  ・什器・備品
   …金子美香

Ⅶ.設備の設計・施工時の基本事項
  ・エスカレータ
   …山海敏弘
  ・建築設備の被害
   …平山昌宏
  ・3次元振動台による吊り式空調機器の振動実験結果
   …吉田献一+永島茂人+西井宏安

Ⅷ.非構造部材の被害検証から浮かび上がる課題
  ・天井の安全性評価法と天井の設計について
   …川口健一
  ・体育館の被害から見る今後の検討課題
   …山田哲
  ・ガラスの被害から見る今後の検討課題
   …清家剛
  ・ALC間仕切の被害から見る今後の課題
   …寺本隆幸
  ・在来天井の被害を解決する新耐震天井
   …金子美香

●architectural design
自由学園南沢キャンパス 保存改修…袴田喜夫建築設計室
・自由学園の建築…宮井昭隆
・保存改修のデザイン…袴田喜夫
・イメージを変えない耐震改修の計画…金箱温春+鈴木芳典
・改修工事の計画…小嶋直

●特別記事
・福島第一原子力発電所1号機 原子炉建屋カバー工事の取組み
 その3 カバー工事における省人化施工
  …印藤正裕+加藤登+水田定光+松澤健志+西村淳
・鉄骨ラーメン構造の柱脚損傷を抑止する新しい構法
 ―層中間型柱脚機構(その2)―
  …金田勝徳+大藪元宏+長谷川和美
・東日本大震災の被害報告
 その9 木造住宅の被害と耐震改修効果に関する調査
  …田中礼治

●連載
・建築技術者のための太陽光発電基礎講座 第5回
 太陽光発電システムの実際(その2)
 ~稚内メガソーラープロジェクト~
  …小西博雄+齋藤裕
・病院建築--スペシャリストへの道 第18回
 病院建築と法令・基準
  …藤田衛
・高強度・太径鉄筋を用いた配筋設計施工の品質保証 第2回
 定着金物の品質保証
  …益尾潔
・新時代を拓く最新施工技術 第32回
 可変性を向上させる床先行乾式二重床システムの開発と展開
  …室田昌彦
・一言居士 非構造部材の設計
  …冨田知己
・OVERSEAS TOPICS 
 韓国・Busanシネマセンター
・私の修行時代 第11回
 「線路は続くと,どこまでも……」
  …岡本直
・ザ・ブックス
 プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る
 レム・コールハース+ハンス・ウルリッヒ・オブリスト 編著,
 太田佳代子+ジェームズ・ウェストコット 編,高島平吾 評
・施工者に幸あれ 建築交友録 第6回
 工事現場とお隣さま
  …朝倉幸子
【BRI news&topics】
 国土技術政策総合研究所
 平成24年度新規プロジェクト研究について
【Column】
・その一貫性が伝え,残したものとは
 真鍋恒博氏退任記念講演会から
  …佐野吉彦
・坂本雄三教授最終講義
 「シミュレーション/省エネルギー/低炭素文明」
  …澤地孝男
・近代木造の哀しみ なぜ近代木造は滅びていくのか
 シンポジウムレポート
  …豊川斎赫
【TECHNICAL View】
 建設重機10台を遠隔操作できる無人化施工システム
 国内初,建築構造用鋼材としてエコマークを取得
 超高層建物の長周期地震動対策に有効な減衰装置を開発
 耐火材も使用して製作可能な階段スリットとその必要性
 大地震時のRC非構造外壁の損傷を防止する対策工法の確立
 建物の外廊下やバルコニー外側に鉄骨ブレース補強架構を増設
 RC柱とS梁の混構造構法の適用範囲を拡大
 実大規模で検証できる実大振動試験装置
 崖崩れを防ぎ,景観も保全 画期的な斜面防災工法
 RC造建物を長持ちさせる塗装に新たなメニューを開発
 アスベスト含有保温材などの高効率溶融無害化処理システム
 震災コンクリート瓦礫の再利用促進に向けた工法の開発
 津波の挙動や津波荷重を予測するシミュレーションシステム
 ローコストの簡易地盤改良で液状化被害を防止する対策工法
 基本性能と可変性を高めた次世代マンション企画の開発

通巻 749号
発売日 2012年5月17日
判型・頁 B5判・194頁
雑誌 03325-06
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2006年9月号

月刊建築技術 2006年9月号

価格(税込) 1,903 円

月刊建築技術 2005年10月号

月刊建築技術 2005年10月号

価格(税込) 1,903 円

月刊建築技術 2004年8月号

月刊建築技術 2004年8月号

価格(税込) 1,903 円

月刊建築技術 2009年12月号

月刊建築技術 2009年12月号

価格(税込) 1,903 円

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ