書籍

新・建築構造問題快答集1

商品コード: 65
新・建築構造問題快答集1
石黒徳衞 監修

「建築構造問題快答集」の新シリーズ。1問1答にキーワードを設定し、使いやすさも充実。最新のQ&Aを随時収録。
●1.荷重および外力
1.1 積載荷重
Q1 非歩行屋根の積載荷重 須賀好富
1.2 地震力
Q2 ペントハウスの震度と地震荷重について 大越俊男
1.3 土圧
Q3 等高線と平行でない建物の土圧 福井實
1.4 天井クレーン
Q4 天井クレーンとその支持構造部のたわみ 石黒徳衞
1.5 その他
Q5 S造建築物の徴振動 小島時和
●2.構造設計
2.1 一般事項
Q6 構造計画について 石黒徳衞
Q7 擬似立体解折の注意点 谷ヶ崎庄二
Q8 ポアソン効果について 石黒徳衞・三橋博三
2.2 応力と変形
Q9 格子梁のたわみ制限 今川憲英
Q10 fb(5.8)式の使い方 石黒徳衞
Q11 柱心と梁心のずれ 井上允彦
2.3 耐震2次設計
Q12 RC造のルート3のせん断設計 上之薗隆志
Q13 剛性率の判定 石黒徳衞
Q14 有開口壁の考え方 大越俊男
2.4 矩形ラーメン
Q15 中折れフレームの剛性評価 鈴木善夫
2.5 壁・その他
Q16 WRC造の小開口の取扱いについて 松村晃
Q17 WRC造の応力計算 中野稔久
Q18 新・固定モーメント法「壁式フレーム」について 槇谷栄次
Q19 屋外階段の設計 大越俊男
Q20 丸柱に取り付く梁の偏心の是非 須賀好富
Q21 WRC造の壁梁の配置 井上芳生
●3.基礎構造
3.1 地盤・地業
Q22 圧密沈下の諸係数 福井實
Q23 水平地盤反力係数kh 福井實
Q24 細粒土含有率について 大杉文哉
3.2 杭
Q25 RC・PC杭の応力算定 八木貞樹
Q26 打込み杭の支持力算定式 八木貞樹
Q27 短杭のときの計算方法 八木貞樹
Q28 偏心する杭基礎 沢田研自
3.3 基礎
Q29 増設柱の基礎 石黒徳衞
Q30 基礎スラブの許容せん断力式のαについて 大橋完
Q31 杭打ちフーチングのせん断力 大橋完
3.4 擁壁,その他
Q32 ブロック積擁壁の注意点 田村昌仁
●4.鉄筋コンクリート造
4.1 鉄筋
Q33 スラブ筋の定着確保 真喜志卓
Q34 鉄筋のフック 石黒徳衞
Q35 最上階の柱主筋の納まり 今井弘
4.2 コンクリート
Q36 骨材の働きと注意点 加賀秀治
Q37 梁の打継面での注意事項 真喜志卓
Q38 構造体コンクリートの圧縮強度検査について 加賀秀治
4.3 スラブ
Q39 床スラブの長期たわみについて 大越俊男
Q40 スラブの偏分布荷重 半貫敏夫
Q41 べた基礎の配筋規定 加藤一雄
Q42 土間スラブのクラック対策 酒見荘次郎
Q43 片持ちスラブの上端筋の定着 大越俊男
Q44 片持ちスラブの補修工法 馬場明生
Q45 配線ピット用スラブ段差 鈴木善夫
4.4 壁
Q46 耐震壁のせん断剛性低下率 富井政英
Q47 壁配筋の間隔 加藤一雄
Q48 耐震壁のせん断補強筋 加藤一雄
Q49 耐震壁のせん断設計 富井政英
4.5 梁
Q50 格子梁のひび割れモーメント 半貫敏夫
4.6 その他
Q51 半地下式建物の水対策 大橋完
●5.鉄骨造
5.1 梁
Q52 ねじりを受けるトラス梁の検討 井上允彦
Q53 傾斜柱と梁 石黒徳衞
Q54 ねじりを受けるH形鋼梁 石黒徳衞
Q55 梁の横補剛材の間隔とDs値 石黒徳衞
5.2 接合部
Q56 角柱継手の食い違い 石黒徳衞
Q57 横収縮の減少方法 大橋完
Q58 パネルゾーンダイアフラムと梁の継手 石黒徳衞
Q59 継手間隔があきすぎた場合の対処 田渕基嗣
Q60 角形鋼管柱ウェブの補強 石黒徳衞
5.3 溶接
Q61 厚さ100mmの鋼材の溶接検討法 内田三雄
5.4 柱脚
Q62 角形鋼管埋込み型柱脚の中詰めコンクリート 石黒徳衞
5.5 その他
Q63 告示1103号の検査技術者について 春原匡利
●6.鉄骨鉄筋コンクリート造
Q64 混合構造(S+SRC)のパネルゾーンの納まり 瀧口克己
Q65 SRC梁の最長スパン 石黒徳衞
Q66 SRC柱脚部のせん断耐力 福知保長
Q67 S造骨組+RC壁の剛性評価 牧野稔
●7.木造造
Q68 RC+木造の構造計算 安村基
Q69 大断面集成材アーチ 安村基
●8.その他
Q70 仮設用足場ブラケットの設計 石黒徳衞
Q71 団地敷地内の構内舗装について 松田正義
Q72 ガラスのシリコーンによる汚染防止対策 服部健士
Q73 タワークレーンの控えの検討 大屋準三
Q74 施行令第20条における「道」の定義 高橋清
Q75 施行令第123条について 高橋清
Q76 米菓製造工場は特殊建築物か 高橋清
Q77 「消防長などの同意」について 高橋清
Q78 容積率を左右する道路幅員 高橋清
Q79 数学記号について 半貫敏夫
Q80 浄化槽の設置場所 松田正義
Q81 鉄骨ブラケットのアンカーボルトの検討 大越俊男
Q82 設計図書の著作権 松田正義
●付録.建築構造問題快答集1~15通巻総索引
●キーワード・インデックス

発売日 1994年7月15日
判型・頁 A5判・281頁
コード ISBN4-7677-0065-5
価格 \3,689+税
販売価格(税込) 3,984 円
 
関連カテゴリ:

書籍 > 新・建築構造問題快答集

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

建築構造問題快答集 1

建築構造問題快答集 1

価格(税込) 4,104 円

各分野の権威が日常の業務の中の数々の疑問にQ&A方式で快答する実用の書。
全15巻

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ