書籍

新・建築構造問題快答集2

商品コード: 67
新・建築構造問題快答集2
石黒徳衞 監修

「建築構造問題快答集」の新シリーズ。1問1答にキーワードを設定し、使いやすさも充実。最新のQ&Aを随時収録。
●1.荷重および外力
1.1 積載荷重
Q1 積載荷重の設定について 大橋完
1.2 風圧力
Q2 照明塔の風荷重と応力計算 田村幸雄
Q3 片流れラーメンの風力係数 大熊武司
1.3 地震力
Q4 加速度と速度の考え方 半貫敏夫
1.4 土力
Q5 段切り斜面の全体土圧 大杉文哉
1.5 その他
Q6 屋上ヘリポートの設計荷重 八木貞樹
●2.構造設計
2.1 一般事項
Q7 梁がピン接合する柱のD値 井上允彦
Q8 構造計算プログラム 春原匡利
Q9 建築構造物と土木構造物 石黒徳衞
Q10 合成梁の剛性 石黒徳衞
Q11 慣性モーメントと断面二次モーメント 石黒徳衞
Q12 風荷重時における層間変形角などの検討 鈴木善夫
Q13 建物の塑性・靭性・弾塑性 石丸辰治・新谷隆弘
Q14 合成梁の断面二次モーメントの考え方 吉野次彦
2.2 応力と変形
Q15 筋かい架構の応力割増し 石黒徳衞
Q16 鉛直変位の等置 谷ヶ崎庄二
Q17 直交梁効果と境界梁効果 谷ヶ崎庄二
2.3 耐震二次設計
Q18 ルート2-2の通用 広沢雅也
Q19 許容応力度接合にできる条件 緑川光正
Q20 ルート2-3におけるpwの緩和 勅使川原正臣
Q21 保有耐力横補剛とは 田渕基嗣
2.4 矩形ラーメン
Q22 片持ちラーメンを持つフレームに水平荷重が作用する場合の応力解析 槇谷栄次
Q23 Y字形平面を持つ2階建S造の応力計算 八木貞樹
Q24 水平荷重時のフィーレンディール・フレームの解析 槇谷栄次
2.5 壁・その他
Q25 WRC造のスキップフロア 井上允彦
Q26 WRC+RC造の構造設計 松村晃
Q27 プログラム上での耐震壁のモデル化 谷ヶ崎庄二
Q28 東京都の建築構造設計指針(1991年版)のRC造壁の取扱について 大越俊男
Q29 建物上層部が4本柱(塔状)となる場合の層せん断力 井上允彦
Q30 WRC造の耐力壁の実長について 井上允彦
Q31 架構支点の設定 石黒徳衞
Q32 壁の剛性低下率 大越俊男
Q33 WRC造の耐力壁 大越俊男
Q34 面内力と面外力を同時に受ける版について 鈴木善夫
Q35 一貫プログラム使用時における剛性低下率βの扱い 広沢雅也
Q36 剛床仮定の成り立つ条件 大越俊男
●3.基礎構造
3.1 地盤・地業
Q37 農地を宅地に転用する場合の問題点 田村昌仁
Q38 傾斜地に建つRC造の切土と盛土 大越俊男
Q39 地盤の許容支持力度qaついて 佐竹次男
Q40 傾斜地における敷地の拡張 福井實
Q41 土砂の体積を求めるための数式の展開 半貫敏夫
3.2 杭
Q42 PHC杭の杭頭補強 沢田研自
Q43 場所打ちコンクリート杭の主筋と帯筋の結束について 佐竹次男
3.3 基礎
Q44 杭を伴う独立フーチング基礎の設計法 桑原文夫
Q45 偏心基礎による偏心荷重の基礎梁への伝達応力について 小崎修二
Q46 べた基礎の接地圧の計算 大橋完
3.4 擁壁,その他
Q47 建物で支持される擁壁は「工作物」か? 高橋清
Q48 地表面が有限なときの主働土圧 大橋完
●4.鉄筋コンクリート造
4.1 一般事項
Q49 柱中央部打継ぎの是非 児島又一
Q50 引張縁でのひび割れ幅 大野義照
Q51 RC造7階建ビルの是非 大越俊男
Q52 WRCの壁柱の曲げ耐力算定について 井上芳生・勅使川原正臣
Q53 2階以上をWRC造としたときの取扱いについて 春原匡利
4.2 鉄筋
Q54 帯筋・あばら筋末端135°フックの根拠 福田陽一
Q55 断面の大きさとつり合い鉄筋比 大橋完
4.3 スラブ
Q56 デッキプレートなしコンクリートスラブ 吉野次彦
4.4 壁
Q57 縦長となる耐震壁の壁厚 富井政英
Q58 WPCの接合部について 槇谷栄次
4.5 梁
Q59 有礼梁せん断終局強度設計式における補強筋比について 広沢雅也
4.6 その他
Q60 改修時における無公害工法による撤去工事 秋山友昭
●5.鉄骨造
5.1 一般事項
Q61 鋼材の寸法 石黒徳衞
5.2 梁
Q62 補強付有孔梁の耐力 中島勉
Q63 鋼管組立梁の設計 石黒徳衞
Q64 鉄板片持ち梁の許容応力度 石黒徳衞
5.3 接合部
Q65 梁仕口の検討方法 石黒徳衞
5.4 ボルト
Q66 転造ねじ 北後寿
5.5 柱脚
Q67 3本脚トラス柱の柱脚 大橋完
Q68 異形ベースプレートの露出型柱脚 石黒徳衞
Q69 ベースプレートの厚さ 石黒徳衞
Q70 SD材アンカーボルトの組合せ応力 石黒徳衞
Q71 角形鋼管柱の柱脚の充填コンクリートについて 桐山宏之
Q72 アンカーボルト頭の位置調整について 酒見荘次郎
Q73 改良柱脚埋込み法について 渡辺誠一・冨田博明
Q74 引張応力が大きなブレースの取扱い 須賀好富
●6.鉄骨鉄筋コンクリート造および木構造
Q75 円形断面SRC柱の断面設計 瀧口克己
Q76 2×4工法の由来と特徴 新井信吉
●7.その他
Q77 アルミ笠木のシーリングについて 松田正義
Q78 補強コンクリートブロック造の縦筋継手 加藤一雄
Q79 生活排水の浄化装置を新見式で 新見正
Q80 エレベータ機械室の耐火 高橋清
Q81 2以上の直通階段を設ける場合の規定 林良紀
Q82 工事請負契約約款第23条(3)項“瑕疵の担保” 松田正義
●キーワード・インデックス

発売日 1994年12月20日
判型・頁 A5判・261頁
コード ISBN4-7677-0067-1
価格 \3,689+税
販売価格(税込) 4,058 円
 
関連カテゴリ:

書籍 > 新・建築構造問題快答集

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ