月刊建築技術

月刊建築技術 2008年12月号

商品コード: 200812
●特集 密集市街地につくる住まいのデザインと技術
監修 北山恒
都市部の市街地において小規模集合住宅を設計する場合,外部や住戸間の緩衝空間の設計方法とは何か。建築家たちによる解法と技術的ポイントを解説する。
総論
密集市街地から学ぶこと 北山恒
住まいを形成するフィルター/スクリーン
環境の制御
集住環境における開口部のあり方 大月敏雄
空気の流れ--微気候のデザイン 小泉雅生
緩衝領域の設計手法
矛盾する要件とコンテクスト・レスポンシブな緩衝空間 安田幸一
都市住宅のファサードエンジニアリング 佐々木仁・三澤温
事例
ルーバーによる光の制御/西麻布の住宅 安田幸一・北田明裕
輻射熱冷暖房と地下水による環境調整/ハウス&アトリエ・ワン 平井政俊
厚みのある窓による環境の読み替え/Studio 御殿山 千葉学
空気的なスクリーンとしてのバステラス/集合住宅20K 工藤徹
アクセス・バルコニーによる緩衝領域/代官山集合住宅 木下道郎
インナーテラスによる光と環境の調整/サッポロアパートメント 納谷学・納谷新
アルミルーバーがつくる多様な表情/森のとなり 武井誠・鍋島千恵
全周サッシの全方向開放プラン/アパートメントI 乾久美子
風と光,木のカーテンウォールとFRP/板橋のハウス 西沢大良
2種類の半透明開口/ナチュラルパッチ 遠藤政樹
スリット窓と通風窓による光と風の調整/House YK/Islands 赤松佳珠子
曲面壁とカーテンによる力強く柔らかな境界/NYORO Apartment 大場聖子・矢部倫太郎
路地空間の引き込みと閉じた開放性/恵比寿の長屋 川辺直哉
2棟をつなぐ都市の隙間/五反田の住宅 長谷川豪
付録
フィルター/スクリーンに関連するメーカーリスト 編集部
密集市街地に住まいをつくるテクニック
事業計画
密集市街地での賃貸集合住宅の事業計画 高木栄一
法規
都市住宅設計に関連する法規のおさらい 築比地正
敷地と計画
集合住宅にできること 千葉学
狭小間口と日影に対する解法 ヨコミゾマコト
住空間
空間を仕切る 篠原聡子
平面的ではなく断面的だからできること 小嶋一浩
水まわりのつくり込み 工藤徹
避難
敷地条件に応じた避難経路の確保 安井昇
構造
敷地形状に応じた合理的な架構計画 大野博史
傾斜地,造成地,軟弱地盤での基礎計画 望月泰宏
設備
密集市街地での設備の納まり 山下直久・遠藤和広

密集市街地での遮音性能の考え方 藪下満
施工
密集市街地での施工上の注意点 稲井田洋二
乾式化への工夫 曽根巨充
●architectural design 1
神奈川工科大学KAIT工房 石上純也建築設計事務所
曖昧な境界がつくる空間 石上純也
屋根を支える3つの構造要素 小西泰孝
ランダムな柱が屋根を支える空間の施工計画 津嶋武志
●architectural design 2
パキスタン・イスラム共和国大使館 中村研一建築研究所
伝統から未来へのシフト 中村研一
構造計画 岡村仁・萩生田秀之
特殊外装の品質確保と工期短縮 霜越重樹
●architectural design 3
傾斜地に建つ家2 創夢建築研究所・誠和建築設計
高低差を利用する 片山哲也・片山綾
●連載
構造デザインの歩み 第9回
No32.日々地盤沈下する全長1.6kmの現場/関西国際空港旅客ターミナルビル 多賀謙蔵,佐藤淳
No33.巨大な空間を支える単層ラチスドーム/ナゴヤドーム 曽我裕,江尻憲泰
No34.建築を統合する斬新な吊り構造/長野市オリンピック記念アリーナ エムウェーブ 播繁,山田憲明
No35.海に浮かぶガラスドーム/なにわの海の時空館 小栗新,水谷太朗
わたしの建築放浪記 第17回 Do&Don't 古阪秀三
一言居士 失敗とイノベーション,そして信頼性 小野正
OVERSEAS TOPICS コペンハーゲン動物園の新しい象舎
ザ・ブックス 対震設計の方法 ダイナミックデザインへの誘い 石丸辰治 著,小幡学 評
Column
建築を相手に伝える姿勢 -安藤忠雄建築展 展覧会レポート 小口亮
未来のエンジニアたちへ -アーキニアリング・デザイン展 展覧会レポート 佐藤慎也
日本の建築を多角的に再考する「日本の建物」展 米山勇
BRI news&topics 国土技術政策総合研究所における最近の広報活動について
読者コーナーQ&A 鉄骨階段でのササラの検討 新田貴太男
TECHNICAL View
コンクリートブロックと高靱性モルタルによる耐震補強構法
CFT柱と免震の組合せによる先進の構造設計手法
CFT柱およびCFT-R造の設計・施工法の一般評定取得
建築技術性能証明を取得した柱RC梁S混合構法
ピン接合形式による外付耐震補強構法
スチールハウス工法で国土交通大臣認定を取得
省部材化を実現した鉄骨系ハイブリッド住宅
三次元立体編物を吹出口に使用した冷暖房システム
エコ素材化率を向上させたインテリア住宅部材
設置面積を半分に低減した自然冷媒ヒートポンプ給湯機
従来と同等の遮音性能をもつ乾式二重床の床先行工法
鉄筋工事の品質管理に用いる配筋検査プログラム
作業幅6m以内で大深度ソイルセメント壁を構築
新しい酸化分解法による土壌浄化新技術を開発
高周波誘導加熱技術を利用した除去式アンカー
自動灌水機能を有した緑化ブロック舗装システム

通巻 707号
発売日 2008年11月17日
判型・頁 B5判・210頁
コード 雑誌03325-12
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

その他

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ