月刊建築技術

月刊建築技術 2007年10月号

商品コード: 200710
●特集 上手につくる打放しコンクリート
監修 古谷誠章
打放しコンクリートを設計するときに,最低限知らなければいけない建築計画と,施工における知識を紹介する。
1.打放しコンクリートの魅力 古谷誠章
2.打放しコンクリートの建築計画
建物の性能による考え方 富樫亮
構造・設備・施工とのコーディネーション 岩崎克也
開口部・水がかりの設計方法 漆間一浩
ひび割れ対策 林博之・山崎淳・藤井良一
断熱と結露防止対策 野原文男
打放しコンクリートのテクスチュアの視覚的評価 野口貴文・北垣亮馬
3.打放しコンクリートの施工
設計者と施工者で共有すべき施工計画 中田善久・大塚秀三
型枠・配筋の基本知識 佐々木晴夫
型枠の種類と選択 佐藤孝一
各部位のつくり方 中村敏昭・中村敬・鮫島敏見・庄司大輔
建築デザインと目地 市田幹郎
コンクリート材料の選定と管理 大塚秀三・中田善久
打放しコンクリートの打込み 山本佳城・陣内浩
打放しコンクリートの仕上げ 佐藤紀男
打放しコンクリートの表情 三浦宏一
打放しコンクリートの補修 横須賀誠一
打放しコンクリートのメンテナンス 三浦勇雄
4.上手な打放しコンクリート
CASE1 島根県立芸術文化センター
打ち放すまでのこと 好川拓
折板壁 打放しコンクリートの計画と施工 前田索
CASE2 戸田市立芦原小学校
多様な表情を獲得する 小泉雅生
多様な表情を演出する施工 小泉雅生
CASE3 多摩美術大学附属図書館
裸形の構造体 東建男
極薄アーチ躯体の施工 森田健一
CASE4 いわき平競輪
PCaと現場打ちの共存 讃井章
「見せ場」を構築する施工 浅野英樹
CASE5 西麻布の住宅
躯体とシンプルさ 鈴木了二
ブロック化による打放しコンクリートの打設 和田光弘・浅理正市
●architectural design 1
北九州イノベーションギャラリー〈KIGS〉 studioNODE+佐藤総合計画
テクノロジーの生み出した都市風景と対峙し編集するデザイン 田中皇彦・会田友朗
多角形の外装デザイン 飛永直樹・島征利
斜格子によるチューブ状の架構計画 飛永直樹・福ヶ迫道真
鉄骨製作 常盤輝之
●architectural design 2
竹平記念体育館前待合所 富山大学芸術文化学部
アルミとガラスのミニマルデザイン 貴志雅樹
平面計画と今後の展望 横山天心
アルミ剛接合の洗練 南井英希
設備計画 小森範隆
施工計画 小森範隆
家具計画 渡辺雅志
●特別企画
新潟県中越沖地震と防煙垂れ壁の安全性 三好清隆
打放しコンクリート仕上げの今昔 吉田晃
●連載
わたしの建築放浪記 第3回 アスベストとの関わり 山口陽二
オトナの都市問題集 第7回
Q13.学校建築 織山和久
Q14.道路沿いの建物 織山和久
建築技術者のための溶接基礎 第14回 建築技術者のための溶接施工の基礎〈2〉-角形鋼管柱の溶接- 家澤徹
一言居士 檜の育林 吉田倬郎
OVERSEAS TOPICS 法廷の構造工学-アメリカの事例を中心として-
ザ・ブックス 建築家・篠原一男 幾何学的想像力 多木浩二 著,入江経一 評
BRI news&topics 平成20年度新規要求研究課題の紹介
読者コーナーQ&A 壁構造の場合の梁あばら筋の形状について 豊田耕造
TECHNICAL View
新しい環境・設備エンジニアリングを導入した2棟の新本社ビルが竣工
上海環球金融中心の地上90階に制振装置設置
マンションの品質を30年間保証するシステム
工場や研究所を短工期で建設できるユニット工法
システム建築を採用した中小型クリーンルーム
優れた遮へい性能をもつ中性子遮へいコンクリート
超高強度繊維補強コンクリートを桟橋部床板に採用
遮音性・断熱性を高めた二重床と外壁断熱を開発
在席者ごとに自動制御する次世代空調システム
湿度と温度を個別に制御する空調システム
デザイン性も表現できる多機能無灌水緑化システム
構造物直下における土壌・地下水汚染対策工法
ヒートアイランド現象を緩和する道路舗装工法
局所的な環境汚染対策に対応する大気浄化システム
本社と現場作業所を結ぶWeb会議システムを導入

通巻 693号
発売日 2007年9月15日
判型・頁 B5判・210頁
コード 雑誌03325-10
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

RC(SRC)

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ