月刊建築技術

月刊建築技術 2006年5月号

商品コード: 200605
●特集 溶接を極める鉄人の技
監修 青木博文
鉄骨構造は,その架構の自由さから,表現の可能性を秘めた構造形式として発展しています。多くの技術を駆使する鉄骨構造ですが,そこでどうしても欠かせないのが“溶接”です。鉄骨の溶接には,ロボット溶接もありますが,基本的には一人ひとりの溶接技能者が仕上げる手づくりの作業です。設計図の意図を伝え,要求性能を確保するには,現場の溶接技能者と直接話ができなければなりません。この特集では,設計者,施工者が,溶接技能者と対話するときに知っておくべきことを,溶接に関する用語をもとに基本原理からわかりやすく解説しました。さらに,応用編として,溶接接合部の基本ディテールや,鋼板建築のディテール,異種部材の溶接性,ひずみの調整方法などを紹介することで,溶接技術のエッセンスを抽出することを試みています。
1.建築溶接の現状と課題 中込忠男
2.建築物における溶接部 山田哲
3.鉄骨接合方法の選択と接合部のデザイン 柴田育秀
[用語から伝える建築溶接]
4-1.溶接の種類 三村麻里
融接と圧接
完全溶込み溶接
部分溶込み溶接
突合せ溶接
隅肉溶接
4-2.溶接方法 時野谷浩良
マグとミグ
炭酸ガスアーク溶接
サブマージアーク溶接
被覆アーク溶接
4-3.溶接材料 護雅典
SS材
SM材
SN材
TMCP鋼
冷間成形角形鋼管
被覆アーク溶接棒
4-4.温度管理 藤本信夫
入熱とパス間温度
ボンド部と熱影響部
予熱
硬さ試験
加熱矯正
4-5.溶接強度と変形 松本由香
脆性破壊と延性破壊
シャルピー衝撃試験
残留応力
疲労破壊
4-6.溶接施工 松下眞治
スカラップとノンスカラップ
エンドダブ
裏当て金
組立溶接
4-7.溶接欠陥 細澤治・前澤澄夫・後藤和正
アンダーカット
オーバーラップ
ピットとブローホール
スラグ巻き込み
4-8.溶接検査 護雅典
表面欠陥検査
内部欠陥検査
超音波探傷試験(UT)
浸透探傷試験(PT)
4-9.溶接工事の管理 護雅典
溶接環境
溶接姿勢
工場グレード
溶接技能者資格
AW検定
4-10.溶接図面 嶋徹
溶接記号(基本記号と補助記号)
溶接規準図
[応用編]
5.溶接接合部の基本ディテール 丸岡義臣
6.鋼板構造,メッシュ構造のディテール 佐藤淳
7.材料による溶接性・異種部材の溶接方法 丸山敏治
8.溶接ひずみの調整方法 古藤凱生
[事例紹介]
9-1.エンボスプレートによるサンドイッチパネル構造の溶接/SSM管野美術館 新谷眞人・髙橋和志
9-2.十字柱の仕口をつくる/写真家のシャッターハウス 星野修一
9-3.三次元曲面ファサードを構成する極厚フラットバーの溶接継手/国立新美術館 人見泰義
9-4.モックアップで検証された溶接性/横須賀市美術館(仮称) 金田勝徳
●architectural design
AKSビル(東京青果秋葉原ビル) 竹中工務店
環境の構造化とPC表現 萩原剛
ユニットカーテンウォールの施工計画 鷲尾英一
神谷町サンケイビル 竹中工務店
整形な最大オフィス床面積を成立させる構造 田村彰男
澁谷山東福寺涅槃堂 三浦慎建築設計室
PCを選ぶこと 三浦慎
4枚のPCワッフル壁で串刺しの鉄骨格子床 佐藤淳
PCワッフル壁による納骨堂の施工 田邉憲一
●特別記事
座談会 耐震強度偽装問題と法制度 設計は人々への愛 金箱温春・松本光平・山口昭一・和田章
超高層ビルにおける外装リニューアル工事実施マニュアル 野平修・木崎龍彦・平野剛・野正明
●特別企画
建築物における雷保護の現状と動向 高橋健彦
耐震鉄骨建築仕口部の課題と解決策 内田昌克
再度,SN材について考える 永田匡宏
●連載
環境に配慮したコンクリート・ポリマー複合体の使い方とその技術の現状 第17回 今後期待されるコンクリート・ポリマー複合体3 白井篤
一言居士 入学と卒業(入学試験と就職) 吉田倬郎
OVERSEAS TOPICS ハンガリーの建築2件
建築とわたし 観・想・考 第10回 津波避難ビルについて 菅野忠
ザ・ブックス 風景の狩人-建築家の視野 鈴木恂 著,船越徹 評
PC圧着関節工法入門 第4回 PC圧着関節工法の構造理論と設計ポイント 黒沢亮平・田邉恵三・中野清司
Column
坂本功教授最終講義 木のよいところは,弱さ 腰原幹雄
カンダユメラボ活動レボート カンダのユメがコラボする 篠田紀行・安藤哲也
BRI news&topics 独立行政法人建築研究所の平成18年度研究開発課題について
読者コーナーQ&A 全体崩壊形における基礎梁接合部せん断破壊について 福島順一
TECHNICAL View
建物を高性能かつ長寿命化する知的制振システムを採用した事務所ビル
PC吊床版を利用した自碇式PC複合トラス橋
折り曲げ加工の容易な角形鋼管溶接用裏当て金
眺望を最大限に確保する超高層集合住宅向け架構法
大幅に性能を向上させた超高層RC住宅向け制震柱
あらゆるスパンに対応したハーフプレキャスト板
スラブ補強工法を実構造物に試験適用
大口径場所打ち杭まで適用可能な杭頭半固定工法
超高強度コンクリートの材料性能評価を取得
ごみ焼却灰をセメント原料に活用する脱塩洗浄技術
ガラスの美しさを維持する表面保護加工システム
梱包材を固形燃料化するリサイクルシステム
建設廃材などの木屑をバイオマスエネルギーに変換
伝熱・結露計算プログラムに新機能を追加
避難安全検証法に対応したCAD連携型計算ソフト

通巻 676号
発売日 2006年4月17日
判型・頁 B5判・230頁
コード 雑誌03325-05
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

鉄骨

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ