月刊建築技術

月刊建築技術 2021年12月号 CPD2単位

  • NEW
商品コード: 202112
【特集】構造デザインの手法
監修:腰原幹雄
構造模型・実験・3Dモデルなど構造デザインを理解するツールと,構造設計者が構造設計を行った実例をベースに,構造デザインと構造設計のあり方を紹介する。

Ⅰ.解析ツールを活用し構造デザインへの昇華│腰原幹雄……72
Ⅱ.先達の構造デザインの手法
 坪井善勝─「動的建築」による曲面構造の可能性を拓く│中田捷夫……76
 松井源吾─見える力学,光弾性│磐田正晴……78
 木村俊彦─プロジェクトごとに専用のプログラムを作成│西 伸介……81
 川口衞─感性,よりどころとしての構造原理│松尾智恵……84
 渡辺邦夫─コンピュータから模型へのスタディでさまざまな人たちとつながる│横山太郎……86
Ⅲ.構造デザインを理解するツールと構造デザイン
 構造デザインにおける解析ツールの活用│金箱温春……88
 素材から考える│陶器浩一……92
 アイデアのツールとしての模型│岡村 仁……96
 ローテクでシンプルな構造デザイン│多田脩二……100
 パーティシパトリーアーキテクチャ(Participatory Architecture)によるベニアハウスの実践│鈴木 啓……104
 自由な幾何学を難なく操るデジタルツールの足掛かり│佐藤 淳……108
 さまざまな書物より「先人の教え」を知り,新たな構造デザインを生む│小西泰孝……112
 構造デザインの方法論│満田衛資……116
 複雑な木造仕口のデザインを支援する3Dモデリング│山田憲明……124
 歴史に接続することで構造デザインの確かさをえる│大野博史……128
 実験と解析による構造計画│佐藤孝浩……132
 崩れ積みによる石積み支持体と展示棚による補強鋼板壁構造│森部康司……136
 鉄骨フレームとCLT天井を組み合わせた構造デザインの手法│村田龍馬+小坂大和……140
 市販のソフトウェアやデジタルツールを用いた構造デザイン│浜田英明……144
 コンピュテーショナルデザインの実践│田村尚土……148
 構造デザインを理解するツールと構造デザイン│藤田慎之輔……152
Ⅳ.教育・研究機関での実験検証と構造デザインとの融合
 理論と解析を検証するための実験│宮里直也……156
 とりどりの実験を通して見る構造デザイン│荒木美香……158
 多様なファサードの構築│圷 千尋+友枝勝登……162

【architectural design】
八代市民俗伝統芸能伝承館(お祭りでんでん館)│平田晃久建築設計事務所……12
生きた道としての建築│市古 慧……22
現代的な技術と前近代的な技術が融合した屋根│杉山征利+西里正敏……26
大きく複雑な木造屋根を実現する構造│佐尾敦宏+藤本貴之……30
三次元加工技術を活用した木造屋根の施工│今川浩一……32

【architectural design】
万葉公園湯河原惣湯 玄関テラス│アール・アイ・エー……34
地域資源を活用したおおらかな建築│野々部顕治……42
湯河原モデルの官民連携事業│野々部顕治……46
既存躯体を生かした新たな環境創生│金箱温春……47
旧観光会館の解体により生まれたオープンスペースへのランドスケープ提案│高橋宏宗+金井幸雄……50
施工精度をあげるデジタル化の試み│長倉成人……52

【連載】
日本の近代建築を支えた構造家たち 第17回 木村俊彦Ⅱ│佐々木睦朗……54
清水寺本堂の保存修理工事 第8回 構造解析,モデルおよび耐震診断結果│江尻憲泰+藤田 実……58
新時代を拓く最新施工技術 第144回 柱RC梁S造を屏風建てにより構築し,屋根先行による全天候施工と省仮設施工の挑戦
│深沢茂臣+長田宗平……166
建築関連最新判例の解説 第96回 建築会社による「ビジネスと人権」への取組みにあたっての法的留意点│秋野卓生……176
建築 東西南北 第5回 人々と歩む建築の時代へ│木村博則……180
施工者に幸あれ 第120回 素直で綺麗な骨組みをつくりたい! 構造家・鈴木啓│朝倉幸子……186
自走する構想 第9回 非選定の美学│遠藤克彦……187
一言居士 時間軸を感じさせる街並み│樋口成康……175
ザ・ブックス 幻想を打ち破る真摯なリアリズム│内藤 廣 著,金井謙介 評……178

【TECHNICAL View】
耐火集成木材による遮音仕様のCLT耐力壁……62
リングシェル構造の世界選手権仕様大屋根ドーム……63
RC造高層住宅用耐震改修構法……65
完成建物の音環境を再現し試聴可能……67
明るさの感覚値を考慮した照明制御システム……68
環境負荷を最小限に抑制基礎躯体解体工法……69

【BRI news & topics】
令和2年度までの国総研の研究成果(建築分野)……188

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……192
販売価格(税込) 1,935 円
 
個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

世界の構造デザインガイドブックI

世界の構造デザインガイドブックI

価格(税込) 2,750 円

一般社団法人日本建築学会 編
今川憲英・小澤雄樹・金箱温春・川口健一・川口衞・河端昌也・喜多村淳・斎藤公男・佐々木睦朗・竹内徹・諸岡繁洋・武藤厚・飯田喜四郎 著

ヨーロッパ,北・中南米,オセアニアの112の建築と25の橋梁を取り上げている。コラムでは,構造家や構造システムを解説。掲載作品はマップ上にプロットされている。海外旅行の,もう1冊のガイドブックとしても最適な一冊。

力学・素材・構造デザイン

力学・素材・構造デザイン

価格(税込) 3,080 円

坪井善昭・佐々木睦朗・川口健一・金箱温春・大崎 純・竹内 徹・植木隆司・川口 衞・河端昌也 共著

本書は、構造設計者や建築家が知っておくべき建築構造形態に関する“かんどころ”を、力学的な視点から分析を行い、簡単な例題とそれを応用した歴史的建造物から現代建築までを解説する構造デザインと各種理論の入門書。

[広さ][長さ][高さ]の構造デザイン

[広さ][長さ][高さ]の構造デザイン

価格(税込) 3,300 円

坪井善勝・小堀徹・大泉楯・原田公明・鳴海祐幸 編著

「技術の源流や本質を問い直す」ことを視座に据えて,これから構造技術を学ぶ学生の入門書として,あるいは若年社会人の再教育書として企画されている。「構造技術に対する視野を広げる」目的から,「建築と土木の専門領域の境界を取り払う」「西欧文明に視座をおいた構造システムの歴史を捉え直す」などの視点に配慮して編集している。

月刊建築技術 2020年12月号 CPD2単位

月刊建築技術 2020年12月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】構造設計に「今」求められる思考体力――ものつくりの検証
監修:腰原幹雄
前例のない架構を実現する際には,必要な条件を整理しながら検証を通して確証を得ていく姿勢が求められる。実例を通して「今」構造設計者に求められている思考体力について考える。

【architectural design】
鳥取ユニバーサルスポーツセンター ノバリア│プライム建築都市研究所

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】新たな「常識」を生み出す構造観
監修:腰原幹雄
構造設計者は設計のみならず,工法や施工,材料の知識をもつことで,これまでの「常識」を超える新たな技術へのチャレンジもできるようになる。本特集では,構造設計のひらめきや発想で次なる「常識」がどのように生まれるか,常識の視点を変えて考える

【architectural design】
東北学院大学ホーイ記念館│三菱地所設計

月刊建築技術 2015年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2015年9月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】「危うそうな構造」の構造勘を探る
監修:腰原幹雄
感覚的に「危うそう」あるいは一見「不安定」に見える建築物を取り上げ,どのように構造的に成立しているのかを構造力学に基づいて解説し,構造計算ソフトに頼りすぎない,構造設計者が有する独自の構造勘についてもひもとく。

【architectural design】
七ヶ浜町立七ヶ浜中学校│乾久美子建築設計事務所

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ