ピックアップ

月刊建築技術 2018年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2018年5月号 CPD2単位

【特集】壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)の再発見
監修:勅使川原正臣
壁式鉄筋コンクリート造の特徴,構造設計の基本知識の整理整頓と構造のモデル化,施工におけるポイントを解説し,新たな展開を予兆させる建物事例を紹介する。
【architectural design】
NICCA イノベーションセンター│小堀哲夫建築設計事務所
出島表門橋│ネイ&パートナーズジャパン

詳しく見る

おすすめ書籍案内

大逆転のHOME嵐

大逆転のHOME嵐

南 雄三 著

住宅技術評論家・南雄三氏が30年前から追い掛けてきた「資産価値のある家」「地場産業としての家」の集大成としての提言がまとめられている。家づくりにおいて,新築市場を中古流通市場に変えると,様相は一変し,業界に嵐が吹き荒れる。そのような中でホームランを打つのは誰なのか。打たれたのは誰なのか。大逆転のHOME嵐(ラン)の打ち方を伝授する。

詳しく見る

月刊建築技術2017年6月号 CPD2単位

月刊建築技術2017年6月号 CPD2単位

【特集】
広がるBIMの活用法【施工編】
監修:浦江真人+曽根巨充
BIMの現時点での主に施工においてBIMを活用するための基礎知識からゼネコンや専門工事業者が具体的にBIMによりどのようなメリットを享受できるのかを解説する。

【architectural design】
KTビル│KAJIMA DESIGN
くまもと森都総合病院│松尾建設

詳しく見る

設計資料の可視化 構造設計に役立つ図表の見方

設計資料の可視化 構造設計に役立つ図表の見方

寺本隆幸・大越俊男 監修

本書は,コンピュータを用いた設計以前に利用されていた設計用の「図」や「表」を,設計式や設計時検討式の内容を「可視化」したものであると認識して,設計式や検討内容を目で見て理解することにより,検討内容を体系的に理解するうえで役立てる内容になっている。

詳しく見る

月刊建築技術 2015年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2015年5月号 CPD2単位

【特集】中大規模木造建築物を建てるための木質系材料Q&A・決定版
監修:大橋好光
中大規模木造建築物の設計に必要な「木質系材料」に関する事項を五つのカテゴリーに分け,わかりやすく解説する。「基本知識」と「木材系材料のここが知りたいQ&A」の2本立てで解説する。

【architectural design】
MAIN STAGE The Base│久武正明建築設計事務所

詳しく見る

耐震化の法律読本

耐震化の法律読本

弁護士法人 匠総合法律事務所 著

改正耐震改修促進法が施行され,耐震改修工事を推進していくためには,既存建物の「瑕疵問題」にどのように向き合い,想定されるリスクをいかに分担すべきか,という視点がきわめて重要になってくる。 正しい法律の考え方,トラブル回避方法について,厳選した80 問を取り上げ,Q&A 形式で解説。

詳しく見る

月刊建築技術 2013年6月号 CPD2単位

月刊建築技術 2013年6月号 CPD2単位

【特集】免震建築物の設計力UP
監修:北村春幸
現在の免震建築物は,法で規定された地震動レベルに対し十分な性能を発揮するよう設計されているが,それを超える地震動に対する設計は手探りの状態。設計クライテリアの設定が重要になる。事例を通して免震設計のキーポイントを解説。

【architectural design】
GINZA KABUKIZA│三菱地所設計+隈研吾建築都市設計事務所

詳しく見る

南 雄三流SuiSuiわかる「結露」の本

南 雄三流SuiSuiわかる「結露」の本

南 雄三 著

昔の日本家屋では「結露」は無縁でした,しかし,現代では高断熱・高気密化が進み「結露」だらけとなりました。そこで素人の方々にも小説でも読むように,ツラツラと読み込んでいける結露の技術書が生まれました。時代を反映して高断熱・高気密をベースにするなど,南雄三独特の的を得たわかりやすい展開を試みています。

詳しく見る

建築技術別冊8 結露の完全克服マニュアル

建築技術別冊8 結露の完全克服マニュアル

監修:南雄三・坂本雄三

不健康の元凶は水にあり,その水は雨漏りと結露で起こる。雨漏りは瑕疵の対象になるから厳重に対策が練られるが,結露に関しては無頓着なままである。本書では,結露を真正面に据えて,それを防ぐ方法論を次世代エネルギー基準を一般解とする断熱・気密・暖冷房・換気のバランスづくりで解いていく。

詳しく見る

新着情報

☆★☆ 新着情報はRSSで配信しています。★☆★

2018年04月23日
ゴールデンウィーク中の商品発送につきまして
2018年4月28日から5月6日までにご注文いただきました商品につきましては、
下記のように発送させていただきます。

[4月30日までのご注文] 5月1日に発送
[5月1日・2日のご注文] 1日・2日ともに、15時までのご注文は当日発送。2日15時以降のご注文は5日に発送
[5月3日・4日のご注文] 5日に発送
[5月5日・6日のご注文] 5月7日に発送

【建築技術Webショップからのご注文】
宅配便にて発送させていただきます。
ご購入5,000円以上は、送料無料。
*下記より、ご注文ください
http://www.k-gijutsu.co.jp

【amazonおよびフジサンマガジン(一部売り)からのご注文】
原則、ゆうメールにて発送させていただきます。
2冊以上のご注文は、宅配便にて発送させていただきます。
2018年04月04日
編集業務 社員募集
建築技術では,ともに働く編集スタッフを募集します。

雇用形態:正社員
募集人員:若干名
応募資格:大卒以上,新卒・第二新卒(未経験者可),28歳未満
応募締切:2018年4月27日(金)
応募方法:履歴書を下記宛にメールでお送りください。選考のうえ,面接日をお知らせします。ご連絡先を履歴書に必ず記入してください。

送付先
株式会社建築技術 編集スタッフ募集係
E-mail hanbai@k-gijutsu.co.jp
TEL 03-3222-5951

いただいた個人情報は,今回のスタッフ募集の目的のみに使用します。それ以外の目的に使用したり,第三者に提供することはありません。
2018年03月28日
木構造テラス設立2周年記念公開セミナー
株式会社建築技術も協賛しています「木構造テラス 設立2周年記念公開セミナー」が、4月20日(金)に開催されます。
小見山陽介先生(京都大学)・谷口景一朗先生(東京大学)・山田憲明先生(山田憲明構造設計事務所)の皆様が講演されます。
ぜひ、お申し込みください。

詳しくはこちら ⇒ http://www.t-e-terrace.com/seminar/1250.html
2017年11月07日
『新 ザ・ソイル』訂正とお詫び
100頁の5~10行目で、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp//user_data/packages/default/pdf/130-2.pdf)の正誤表をご参照ください。
2017年07月27日
『もとめる断熱レベルとめざす省エネレベル』 訂正とお詫び
235頁の12行目・16行目・18行目で、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)AFP
正)APF
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp//user_data/packages/default/jpg/151-1.jpg)の正誤表をご参照ください。
2017年07月06日
『断熱建材ガイドブック』 訂正とお詫び
『断熱建材ガイドブック』内の表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/155.pdf)の正誤表をご参照ください。
2017年05月22日
月刊建築技術2017年6月号 訂正とお詫び
特集の扉頁(83頁)で、監修者名の表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)監修:浦江真人◎東洋大学理工学部建築学科教授
正)監修:浦江真人◎東洋大学理工学部建築学科教授 + 曽根巨充◎前田建設工業㈱建築事業本部TPM推進グループ
2017年02月16日
広告掲載のご案内
月刊「建築技術」2017年4月号(発売日:2017年3月17日)
広告申込締切日:2月17日金曜日
広告原稿締切日:2月24日金曜日
2017年02月16日
月刊「建築技術」2017年の年間企画案(特集予定一覧)
本誌2017年の年間企画案(特集予定一覧)を作成しました。
2017年も、建築の技術をめぐる最新情報をお届け致します。
(今後変更となる可能性があることをご了承下さい)
2017年01月24日
月刊『建築技術』総目次
月刊『建築技術』の総目次ページを更新しました。
1950年から2016年までの目次をご覧いただけます。
バックナンバーをお探しの際にご使用ください。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

マイページ
ページトップへ